トキソウの個体変異
- Varieties of P. japonica -


殆ど注目されていませんが,トキソウは個体変異が大きく,集めてみると楽しい植物です。
このページでは,それぞれの産地におけるトキソウの花のバリエーションを紹介します。

※ 本種の詳しい解説はこちら


                                                                                                           
長野県産 山形県産
最もスタンダードな花。低層湿原によく見られるタイプです。 やや大輪の個体。余り殖えません。
福島県産 淡色花 岩手県産 濃色花
ほぼ白花。唇弁・側花弁に少しだけ紫が乗ります。 花弁はやや赤みが乗る程度ですが,唇弁は非常に濃い赤紫色。
愛知県産 群馬県産
花弁・唇弁の幅が広く,ガッチリとした個体。 側花弁が曲がる個体。
群馬県産 ミヤマトキソウ? 群馬県産
典型的なミヤマトキソウの容姿。これは一体… 花弁の色が濃い個体。全体が色づくものは珍しいです。
青森県産 濃色花 青森県産 濃色花
妙な咲き方をする個体。 初めて見た時は三蝶咲きかと思いました。 真っ赤な側花弁。 萼片の地や唇弁の色も濃く,美しい。
青森県産 純白花 愛媛県産 白花
青軸純白花。唇弁の付け根も黄色です。 泥軸白花。唇弁には僅かに色が乗ります。


BACK / TOP

inserted by FC2 system